装備、アイテム

ロードバイクにおすすめの補給食10選|走行中に食べる!ブルベに最適!

今回の記事ではおすすめの補給食を厳選10商品を紹介する。

選考基準は、ロングライドやブルベで走行しながら食べれるものだ。

そのため、おにぎりなど開封に両手が必要な商品は除いている。

Amazonで購入できる商品をメインに選び、どれも人気商品ばかりなので気になるものはぜひ。

  • 羊かんタイプ
  • ゼリー・ジェルタイプ
  • バー(固形)タイプ
  • コンビニで買えるもの
  • 上記のなかでコスパ最強の補給食

この記事を参考にして、好みの補給食やコスパを重視した補給食を試してみてほしい。

この記事でわかること

  • 走りながら食べれる補給食
  • ロングライドやブルベに適した補給食
  • コスパに優れた補給食
  • コンビニでおすすめの補給食

補給食は張りしながら食べることでグロス平均速度を低下させずに、結果として速く走れる。こちらの記事で紹介しているので参考に。

【結論】ロードバイクにおすすめの補給食、コスパ最強ランキング!

おすすめの補給食10選を紹介するが、コスパ最強の補給食はどれか!

さっそく結論を記載しよう。

ロードバイク向け補給食のコスパランキングTOP3を紹介する。

ランキング1位2位3位
商品名7プレミアム
つぶあんパン5個入り
かし原
塩羊かん
江崎グリコ
バランスオンmini
ケーキ チーズケーキ
コスパ 3.41kcal/円 2.9kcal/円 2.00kcal/円

1位:7プレミアム あんぱん5個入り

1位はロードバイク乗りの必需補給食、「7プレミアム あんぱん5個入り」。

コスパは他の補給食を大きく上回る。

今回はセブンイレブンの商品を紹介したが、山崎パンの薄皮あんぱんや各コンビニにも5個入りあんぱんは販売されている。

唯一の難点とすれば、他の補給食と違って消費期限が短いこと。

2位:かし原塩羊かん

2位は和菓子の「かし原塩羊かん」。

Amazonで150本分をまとめ買いできるのも嬉しい。

1本あたりが51kcalと計算しやすいが、量が少ない分、何度もこまめな補給が必要だ。

3位:江崎グリコ バランスオンminiケーキ チーズケーキ

3位は固形バーの「 江崎グリコ バランスオンminiケーキ チーズケーキ 」。

この固形バーは開封しやすく、手も汚れないため、走りながらの補給にぴったり。

チーズ好きにはおすすめの完成された味!

ロードバイク向け補給食|羊かんタイプ

かし原 塩羊かん

Amazonで大量にパッケージされた塩味の小さめの羊かん。

小さいのでライドに応じて必要分を持参できる。

コスパがかなり良く、比較的長期保存できるのでシーズン前に購入して足りなくなったら補充したい。

とりあえずこれを買っとけばOKな補給食!

1本あたり18g
カロリー51kcal
タンパク質0.45g
糖質0.018g
コスパ2.9kcal/円

井村屋 スポーツようかん あずき

スポーツ中に食べやすいよう、ぎゅっと押すだけのパッケージの羊かん。

片手で簡単に食べられる設計がロードバイクの補給食にぴったり。

コスパはほどほどだが、羊かんの中で食べやすさを優先するならコレ!

1本あたり40g
カロリー113kcal
タンパク質1.4g
糖質0.1g
コスパ1.2kcal/円

ロードバイク向け補給食|ゼリー・ジェルタイプ

Mag-on(マグオン) エナジージェル

筋肉のケイレン対策にぴったりな、マグネシウム50mg配合のジェル。

カロリーも120kcalと高め。

カロリーのコスパは低いが、マグネシウムを補給するのに数本持っておいてはどうだろうか。

1本あたり41g
カロリー120kcal
タンパク質0g
糖質0g
コスパ0.51kcal/円

明治 速攻元気ゼリー アミノ酸&ローヤルゼリー

4種のビタミンも配合されたゼリー補給食。

1本が重くコスパも低いが、のど越しがいいのでライド後半など補給食を食べる気にならないときに。

コンビニでもゼリー系はいろんな商品が売っている。

1本あたり180g
カロリー100kcal
タンパク質1.7g
糖質0g
コスパ0.62kcal/円

味の素 アミノバイタル ゼリードリンク

エネルギー源のアミノ酸を配合したゼリー。

アミノ酸はサイクリングなど長時間の持久スポーツにおすすめで、後半のパフォーマンス低下対策に!

1本あたり130g
カロリー180kcal
タンパク質5.0g
糖質0g
コスパ0.93kcal/円

ロードバイク向け補給食|バータイプ(固形)

森永 inバープロテイン

タンパク質の補給目的としてぴったりなプロテインバー。

コンビニやスーパーなど、手に入れやすいのも嬉しい。

固形タイプなのでライド前半の胃腸が元気な時に食べておきたい。

1本あたり44g
カロリー211kcal
タンパク質15.9g
糖質11.4g
コスパ1.49kcal/円

江崎グリコ バランスオンminiケーキ チーズケーキ

カロリーだけでなく1日に必要な栄養素が補給できる。

100kcalなので、計算しやすいのがGOOD!

いろんな味があるので気になったものは試してみよう。

1本あたり23g
カロリー100kcal
タンパク質1.1g
糖質13.2g
コスパ2.00kcal/円

コンビニで買えるロードバイク向け補給食

7プレミアムつぶあんぱん5個入り

圧倒的なコスパでロードバイク乗りの必需補給食のミニあんぱん。

セブンイレブンだけでなく、他のコンビニでもそれぞれ販売しているたので入手性もよい。

ミニあんぱんと言っても他の補給食と比べて大きいので、ぎゅっと潰して持ち運ぶという裏技も!

1本あたり
カロリー94kcal
タンパク質2.6g
糖質18.4g
コスパ3.41kcal/円

7プレミアム豆大福

https://7premium.jp/product/search/detail?id=3957

高カロリーが約束された補給食、大福。

コスパが高めで、ほとんどのコンビニでもスーパーでも売られている。

1本あたり
カロリー197kcal
タンパク質4.2g
糖質42.4g
コスパ1.86kcal/円

黒糖わらびもち

https://7premium.jp/product/search/detail?id=7243

餡子の味や、バーの食感に飽きたらわらびもち。

つるんと食べられるので、疲れた時にも最適。

まずまずのコスパだが、おいしく食べられる!

1本あたり
カロリー131kcal
タンパク質0.2g
糖質31.9g
コスパ1.24kcal/円

まとめ:おすすめの補給食10選

今回の記事では「走りながら食べれる補給食」を基準に、おすすめの人気補給食10選を紹介した。

また、コスパが良い商品をランキング形式で比較した。

ロングライドやブルベでは補給食を1時間に300~500kcal摂取する必要がある。

今回紹介した補給食を参考に、まだ食べたことのない商品やコスパ的にまとめ買いしたい商品を試してみてほしい。

  • この記事を書いた人

ミル

新潟在住ロードバイク歴8年の週末ソロライダー。 ロングライドが苦手だったが、今はブルベを楽しんでいる。 ロングライドに挑戦する人を応援したい。 にほんブログ村

-装備、アイテム