装備、アイテム

【価格帯別】フレームバッグのおすすめ厳選3選|自転車・ロードバイク

〈景品表示法に基づく表記〉当サイトはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

  • フレームバッグってどうなの?メリット・デメリットは?
  • サドルバッグとどっちがおすすめ?
  • おすすめのフレームバッグを知りたい!

ロードバイク・自転車でライドするとき、リュックだと背中が蒸れたり、肩が痛くなってしまうもの。

100km以上のロングライドが出来てしまうロードバイクだからこそ、荷物を入れるバッグが必要だ。

しかしサドルバッグ、フロントバッグ、トップチューブバッグ…など、どれを選べばいいか?フレームバッグってどうなのか?

この問題を解決すべく、いろいろなタイプのバッグの中から、筆者おすすめの「フレームバッグ」を紹介する。

どれも定番かつ人気製品なので、好みに合わせて検討してほしい。

この記事を参考にして、好みのフレームバッグを見つけてもらえれば幸いだ。

この記事でわかること

  • フレームバッグとサドルバッグなどとの違い
  • フレームバッグのメリット・デメリット
  • 価格帯別フレームバッグのおすすめ3選

フレームバッグがおすすめの理由【比較】

なぜフレームバッグがおすすめなのか、解説しよう。

フレームバッグのメリット

自転車・ロードバイクに取付けられるバッグはいろいろあるが、フレームバッグは特におすすめ。

フレームバッグのメリット

  • 空気抵抗的に有利
  • 走行中に荷物の出し入れができる
  • 重心が中央かつ低く、自転車が安定する
  • 容量がそれなりに大きい(~5L程)

このようにフレームバッグは、サドルバッグやフロントバッグ等と比較してメリットが多い。

  • サドルバッグ:重心が高く、また走行中の荷物の出し入れは不可能
  • フロントバッグ:空気抵抗的に最もネガティブ
  • トップチューブバッグ:容量が少ないものが多い

フレームバッグはバッグの取り付け方法として、機能的なバランスがよくメリットが多い。

実際に筆者がフレームバッグを使用しているが、サドルバッグ等とは違い、「ダンシングで荷物の重さを感じにくい」「走行中の補給食の出し入れが可能」といったメリットを感じている。

フレームバッグのデメリット

メリットの多いフレームバッグだが、デメリットもある。

フレームバッグのデメリット

  • ボトルと干渉する可能性あり
  • フレーム形状・サイズによっては製品選択肢が限られる
  • 5L以上の大容量はサドルバッグの方が扱いやすい

しかし、フレームバッグの容量や形状によっては、上記デメリットを回避することはできる。

フレームサイズが小さい方は、容量の小さいフレームバッグを選べば取り付け可能。一度、バッグのサイズを調べてから導入するのがよい。

筆者はフレームバッグ容量を出来るだけ確保したいため、ボトルはシートチューブ側に取付けることで問題なく運用している。

【価格帯別】おすすめのフレームバッグ3選

それでは価格帯別のおすすめフレームバッグを紹介しよう。

どれも人気で定番なので、信頼のできるフレームバッグだ。

なお、写真にある筆者愛用の「ロスウィール road フレームバッグ」は入手困難のため残念ながら掲載していない。(軽量性と防水性、さらにデザイン性が優れたおすすめ製品なのだが…)

【ハイグレード】おすすめフレームバッグ①「APIDURA RACING FRAME PACK」:イギリスのバッグパックブランドによる完成度の高い防水・軽量フレームバッグの人気モデル。

おすすめのフレームバッグ1つ目は、「APIDURA RACING FRAME PACK

  • ブランド:APIDURA(アピデュラ)
  • シリーズ:RACING FRAME PACK
  • 容量(重量):1L(93.5g)、2.4L(170g)、4L(205g)
  • カラー :ブラック

イギリス生まれのバックパックブランド。軽量性と防水性に優れ、少し小さめのサイズ感。サイコンの充電などに必要なケーブル取り出し口や、バッグ内の左右仕切りを備えた機能性モデル。価格は高いが、作り込みの完成度が高く、ブルベでの使用者も多い。

APIDURA RACING FRAME PACK

  • イギリスメーカーAPIDURA
  • 軽量性と防水性に優れる
  • 4Lという少し小さめのサイズが、様々なフレームに対応しやすい
  • 価格は高めだが、機能性・ブランドを重視する方におすすめ

APIDURA製品は代理店の「TOKYO WHEELS」で取り扱っている。(Amazonや楽天市場では取り扱っていないので注意)

【ミドルグレード】おすすめフレームバッグ②FAIRWEATHER frame bag x-pac最軽量クラスの防水、高コスパ。国産メーカーが送る”使いやすい”フレームバッグ。

おすすめのフレームバッグ2つ目は、「FAIRWEATHER frame bag x-pac

  • ブランド:FAIRWEATHER(フェアウェザー)
  • シリーズ:特になし
  • 容量(重量):3.5L(150g)
  • カラー :ブラック、オリーブ、コヨーテ(キャメル)

様々なフレームサイズ、用途に適用した軽量・防水フレームバッグ。安心の国産メーカーで作りがしっかりしている。防水性に優れたX-PACナイロン素材を使用しているため、突然の雨天走行も安心。

ロスウィール road フレームバッグ

  • 日本メーカーのFAIRWEATHER
  • 最軽量クラスのフレームバッグ
  • 46~56のフレームサイズに取り付け可能
  • 軽量で防水性に優れたX-PAC ナイロンを使用
  • ベルクロで簡単取付けが可能

【ローグレード】おすすめフレームバッグ③ROCKBROS フレームバッグ:低価格でAmazonレビュー最多のフレームバッグ。試しにフレームバッグ導入したい方におすすめ。

おすすめのフレームバッグ3つ目は、「ROCKBROS フレームバッグ

  • ブランド:ROCKBROS(ロックブロス)
  • シリーズ:特になし
  • 容量(重量):3L(195g)
  • カラー :ブラック

2千円台の低価格でありながら、防水性に優れたモデル。Amazonのレビューはフレームバッグの中でも最多。ケーブル取り出し口はないが、低価格で初めてのフレームバッグを試してみたい方におすすめ。

ROCKBROS フレームバッグ

  • Amazon最多レビューのフレームバッグ
  • 防水性を備えたモデル
  • 低価格でフレームバッグ初心者におすすめ

フレームの傷防止対策アイテム

フレームバッグを装備して雨天走行をすると自転車フレームに傷がついてしまう。

傷防止対策として、「3M表面保護テープ331」が優秀なので紹介しておこう。

透明かつ接着剤も残らないので気軽に対策できる。

まとめ:ライドがもっと快適になる、おすすめのフレームバッグ3選

今回はおすすめのフレームバッグを紹介した

紹介したフレームバッグはどれも軽量性・防水性に優れている。

フレームバッグは他のバッグに比べて機能性のバランスがよく、筆者おすすめだ。

そのため、快適にロングライド・ブルベでライドが出来るようになる。

その中でも筆者おすすめのフレームバッグは国産メーカーの最軽量・防水が備わったFAIRWEATHER frame bag x-pacだ。

今回の記事を、フレームバッグ選びの参考にしてもらえれば幸いだ。

  • この記事を書いた人

ミル

ロードバイク歴9年の週末ソロライダー。 ロングライドが苦手だったが、今はブルベを楽しんでいる。2022年SR取得。 ロングライドに挑戦する人を応援したい。 にほんブログ村

-装備、アイテム